2019年9月23日 (月)

上白石萌歌さん

昨日の「いだてん」は結構面白かったですね。前畑秀子さん役の上白石萌歌(かみしらいしもか)さん(19歳)がかわいくていい演技してました。

私、昔「舞子はレディ」という面白い映画を見たのですが、その主役の俳優さんと間違えてました。こちらの主役は調べたら上白石萌音(もね)さん(21歳)といって萌歌さんのお姉さんでした。

Dsc_0040
Dsc_0045
Dsc_0048

| | コメント (0)

2018年12月 7日 (金)

Stand Alone

おはようございます。

(この記事は何年か前に書いたかもしれません。歳をとって忘れていたらごめんなさい。)

「Stand Alone」はNHKが2009年~2011年の3年にわたって3部作として放映した、司馬遼太郎原作のペシャルドラマ「坂の上の雲」の主題歌です。

この第2部で森麻紀さんが歌っています。私こは、このドラマと主題歌が大好きです。(CDに撮ってあります)

ドラマの方は秋山直之(本木雅弘さん(日本海海戦)、秋山好古(阿部寛さん(騎兵第1旅団長)、正岡子規(香川照之さん(日本俳諧の中興の祖」)の3人を中心に描かれています。

https://www.youtube.com/watch?v=dCsx0IiIKi4


Yjimage3


Image1

Smile1


| | コメント (3)

2018年12月 5日 (水)

カンパニュラの恋

昔、「風のガーデン」という倉本聡脚本の素敵なドラマがありました。

その中で平原綾香さんが歌った曲が「カンパニュラの恋」です。(写真1)
とても印象的な曲なのでとても好きです。

写真2が「カンパニュラの花」です。

写真3は出演者です。緒形 拳さんの遺作となりました。


https://www.youtube.com/watch?v=skx19C3Df2w


Image2_1_2


Image1_2

Image1_3_2


| | コメント (1)

2018年7月28日 (土)

西郷どんの「坂本龍馬」の俳優

おはようございます。

皆さんは大河ドラマ「西郷どん」を見てますか?
私は、大好きで毎週、他のドラマを見ることがなくても「西郷どん」だけは、感情移入して必死で観てます。

最近、ますます面白くなってきましたね。私には視聴率が悪い理由がわかりません。うちの奥さんは冒頭のテーマ曲が悪いとか言ってます。

さて、いよいよ坂本龍馬が登場しましたね。うちの奥さんはこの俳優が「小栗旬」(写真1の左)であることはあまり適役でないとか言ってます。

それよりもauのCMに出てくる「浦島太郎(海の声を歌ってます)」役の「桐谷健太」(写真2)にの方が相応しいとか、うちの奥さんは勝手な事を言ってマス。(^^;)

それにしても大河ドラマ「龍馬伝」の主役「福山雅治」(写真3)はカッコよかったですね。(^^)

Ut84mke6dpl2v00joglcxfsxkiiqti6ysdk


Maxresdefault1


Yjimage2


| | コメント (1)

2018年2月18日 (日)

宮部みゆき原作「荒神」を観ました。

こんばんは。

昨日BSプレミアムで放送した。宮部みゆき原作スペシャルドラマ「荒神」を録画で観ました。

主役の内田有紀さんがとても良かったです。怪物がでてきますが、よくこんな奇想天外のストーリーが書ける宮部みゆきさんが好きになりました。

http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/trailer.html?i=13252

| | コメント (1)

2018年2月 4日 (日)

三屋清左衛門残日録

こんにちは。

ご存じ、藤沢周平原作の有名な小説です。私が大好きな作家です。昨夜、J:COMの時代劇専門チャンネルで夜8時からこのドラマをやっていて、とても面白かったです。

「日残リテ昏ルルニ未ダ遠シ・・・・・」

なんかこうまったりした雰囲気があって、景色、美味しいものを食べるところなんか絶妙です。もちろん時代劇ですから刀や木刀の試合なんかありますが・・・・なんかこうゆったりとした隠居ぐらしの様子が今の私の年金ぐらしの雰囲気に重なるですよね。

主演は北大路欣也、息子のお嫁さんの里江が優香、小料理屋「涌井」の女将が麻生祐未でした。北大路欣也はメイキングストーリーの中のドラマの打ち上げで感極まって泣いていましたね。

私は1993年にNHKで放映された同名のドラマがとても好きです。

主演は仲代達也、里江が南果歩、涌井の女将はかたせ梨乃でした。藤沢周平は女性の描き方が絶妙で、この時のドラマはまさにピッタリでした。南果歩のキリットしたところ。かたせ梨乃のふんわりとした雰囲気。とてもいい演出でした。

Img0042


| | コメント (1)

2017年2月20日 (月)

作家・藤沢周平

私、藤沢周平さんが大好きなんです。

何故かというと、うちの奥さんの郷里の「山形県鶴岡市(庄内)」の人だからです。小説に出てくる「海坂藩」ていうのは「庄内藩」がモデルになっています。鶴岡市は美味しい食べ物が沢山あり、小説の中でも度々出てきます。

今日J:COMから録画した藤沢周平原作のドラマ「三屋清左衛門残日録完結篇」を観ました。隠居の主演・北大路欣也、息子の嫁・優香、小料理屋「涌井」の女将・麻生祐未でした。これを観て思い出しました。

昔、NHKでやったドラマ「三屋清左衛門残日録」は抜群でした。隠居の主演・仲代達矢、息子の嫁・南果歩、小料理屋「涌井」の女将・かたせ梨乃です。隠居が危ないところへ行こうすると嫁の南果歩がこれを察し毅然としてこう言います「今晩は鳥鍋です。お早いお帰りを」。また女将のかたせ梨乃がなんとも言えない色気で仲代を慕っていました。

作家・藤沢周平さんが小説の中の女性はどれもどの人もとても素敵な描きかたなんです。

写真1は単行本の「三屋清左衛門残日録」(文藝春秋)ですが文春文庫もあります。「日残りてくるるに未だ遠し・・・。」(菊池寛賞受賞)

写真2は単行本の「蝉しぐれ」(文藝春秋)です。これも文春文庫があります。
このNHKドラマもとても面白かったです。

他にも写真3「用心棒日月抄」(新潮文庫)をはじめ市井ものと言われる文庫本を多数読みました。

どれも藤沢周平さんの著作本や原作のドラマは面白いです。J:COMのドラマを見て原作本を読み返したくなりました。

Dsc_0159


Dsc_0161


Dsc_0162


| | コメント (0)

2017年2月18日 (土)

風のガーデン(その2)

昨夜で11話の最終回が終わりました。

とてもいいドラマで心に残りました。

10話と11話では主人公・貞美(中井貴一)が死ぬ前の夢として娘・ルイ(黒木メイサ)の結婚式で腕を組んでバージンロードを歩くことと知り、父貞三・(緒形拳)をはじ廻りの人が養蜂業の息子・修(平野勇樹)を結婚の相手とする偽の人前結婚式を実行する。貞美はうすうすわかっていたが麻薬で痛みをとりながら夢を実現する。この間息子・岳は親戚の家に行く。

その後、貞美は実家に戻り、死期を迎え、ルイが献身的に介護する。貞美の死後、父・貞三が理容店のエリカ(石田えり)と貞美の話をしみじみとする場面がある。

氷室 茜(平原綾香)がチャペルコンサートで歌う挿入歌「カンパニュラの恋」1曲だけを涙ながらに歌うシーンはジンとくる


実は主題歌は「ノクターン」でした。

「カンパニュラの恋」は劇中歌です。

両方ともユーチュブで聞けます。

きれいな花の名前が毎回の冒頭にでてきます「風のガーデン」のウィキペディアを見てください。

最終回終了後「「緒形拳さんありがとうございました 心よりご冥福をお祈り致します」というメッセージが挿入されました。緒形拳さんの死が放映前であったことが、その淡々とした印象に残る素敵な演技と現実の命の運命と重なって印象的でした。

| | コメント (0)

2017年2月14日 (火)

風のガーデン(その1)

さすが倉本聰さんのドラマはいいですね。毎回心が洗われとても感動しました。人はいつか死ぬ。こちらの心も透明になって行きます。

これは緒形拳さんが放映前に亡くなられ、遺作になったドラマ(2008.10.9 - 2008.12.18)です。今日、全11話中第9話まで録画を観ました。第11話(完)が2月17日放映なので(その2)は第11話が終わってから感想を書きます。ドラマを見れなかった人はDVDをレンタルして観ることができます。

あらすじは、主人公・白鳥貞美(中井貴一)は麻酔科医で自ら膵臓癌になり余命いくばくもないと知り、実は、6年前不倫関係で主人公の妻が自殺し、父・白鳥貞三(緒形拳)に勘当され、絶縁してしていた北海道富良野市に戻ってくるお話です。

主人公には娘のルイ(黒木メイサ)と息子で自閉症の岳(神木隆之介)がおり、岳は主人公を天使ガブリエルと信じています。

今日、観た第8話と第9話は父(緒形拳)と主人公(中井貴一)が仲直りするとともに主人公が膵臓癌であるとがわかる重要なシーンで、二人ともいい味だしています。


主題歌「カンパニュラの恋」を歌っている平原綾香さんも素敵です。自身も出演されています。

https://www.youtube.com/watch?v=2ikz9mX8Wec

毎回ドラマの冒頭に花の名前が紹介されるのも素敵です。

富良野。今年の夏に行きたいです。

| | コメント (0)

2016年5月 8日 (日)

「北の国から」再放送にはまってます。

こんにちは。

いまJ:COM「日本映画専門チャネル」で再放送中の「北の国から」の録画にはまってます。丁度私もうちの奥さんも子育て時代で観てない部分もあるし、名場面も懐かしく観てます。

昨日は「’87初恋」を観ましたが、横山めぐみさん可愛いかったですね。純が東京に行くトラックの中で運転手が五郎が渡した2万円のピン札の隅に泥がついてる封筒を「おりゃあ受け取れない」と返す名場面なんか感動して涙が出ました。

倉本聡の脚本は大好きです。

詳しくは下記をどうぞ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E3%81%AE%E5%9B%BD...

さだまさしの主題歌「蛍のテーマ」もすがすがしいです。

https://www.youtube.com/watch?v=hsSAnsrQvLk

| | コメント (0)