2015年2月25日 (水)

爪きり


作成日 2015/2/24 (火) 17:01

こんばんは。

年を取ってくると足のつめが硬くて頑固になり切りにくくなります。そこで、うちの奥さんに町田の東急ハンズでニッパー型の爪きりを買ってきてもらいました。まだ試してないんですがワクワクしてます。

Dsc_0102


下の写真はいままで使っていた爪切りです。切りにくいたらないの

Dsc_0103

| | コメント (0)

2009年7月23日 (木)

愛すべき測定器と工具

「風と光と電気で遊ぶ」アーカイブズ・シリーズ

私の使っている測定器と工具の紹介です。

●夢のオシロスコープ

昔から電子回路の測定をしているとどうしても動作波形が知りたくなります。

そこで欲しくてしかたがないのがオシロスコープ。我々が若いとき現役でつかっていたときは、テクトロニクス製で何百万円もしたものです。

10万円は覚悟して、ついに小遣いをはたいて買おうと決心し、秋葉原の秋月電子まで行ったところ、BenchScopeというドイツ製のデジタルオシロを見つけ57,800円と安かったので嬉しくなりました。

店員さんも、私の喜ぶ顔をみて親切にしてくれ、この日は幸せなルンルン気分で帰ってきました。

このオシロ、パソコンにもつながり波形表示、制御、印刷、波形保存ができるし何より軽い、大変な優れもので感動しています。取扱説明書は英文ですが十分理解できました。スピードは20MHzですが趣味には十分です。

因みに、秋葉原では、私みたいな年寄りが多く、昔に戻って目をキラキラさせながら電子パーツを探していました。

しかし、BenchScopeの会社は現在倒産してサポートは受けられないらしいです。もう売ってないでしょう。

Block_image_5_1_1

                            

                         

                        

                        

                         

                                                 

                                                

●テスター

【写真1】アナログテスター

このテスターは学生時代からつかっている年代ものです。

アナログテスターはデジタルが全盛の現在でも、連続した値が読み取れますので魅力的な測定器です。古い友達のように愛着があります。

一度は内部回路を焼きそうになり焦げた部分もあるのですがなんとか動いています。

私はオッチョコチョイなもので、しょっちゅう接続間違いやレンジの間違いをします。

針が逆に振れたり、オーバーしたりしてヒヤヒヤしてますが、なんとか生き残っています。

内部回路とケースとの間は油紙のような絶縁紙でした。電池漏れで汚い染みがありました。

テスター棒は何度も接続部の線が切れその都度ハンダで直しました。

最近100円ショップでかったプラスチックを加工して絶縁紙を取替え、100円ショップの工具箱を加工して、レンジ切り替えダイヤルの出っ張リの部分を保管時に一番強いの電流レンジ(内部にシャント抵抗があるので誤接続してもメーターをできるだけ保護できる)の位置になるように工具箱のフタに穴を開け専用ケースを作りました。

【写真2】デジタルテスター

定年になってから買ったデジタルテスターです。電源が単3の電池でよいところが気に入りました。東急ハンズ横浜店で6,090円で買いました。

コンデンサの容量や周波数が測れるなんて、我々の時代には考えられませんでした。

このテスターも100円ショップの工具箱を専用ケースにして大事にしています。

Block_image_5_1_2

                         

                           

                          

                          

                                                  

                                                 

●電動動工具と安全作業

【写真1】電動ドリル

前から欲しくて、ドイトで2,780円で現品限定で買った電動ドリルドライバーです。

風力発電工作では金物に穴をあける作業が多いのです。

でも回転体の命はセンターの位置の精度なんです。このドリルではポンチ(100円)をつかってもやはりズレます。プラスチックなどの正確な穴はキリで慎重にあけ、仕上げはドリルの刃を手で廻して行います。

【写真2】電動ノコギリ(ジグソー)

歳をとるとノコギリ引きは体にこたえます。そこで「くろがね屋」で1,780円の特売に飛びついて買ったものです。このジグソーは振動が激しくあばれ馬みたいです。

大雑把な木材の切断に使います。

【写真3】安全作業セット

風力発電の工作は安全第一です。ステンレスなど硬い金属に穴をあけるときはドリルの刃が折れ飛んできます。

目に当たったら失明の恐れがあります。

まず目を防護メガネで保護するのが第一です。

金属の切り口(バリ)で手も怪我しますので軍手が必需品です。

写真の机のようなものは工作物をはさんで固定する工作台です。

右端は金ノコです。風車のステンレス軸の切断によく使います。

最近「切削油」なるものを買ったら大変良い具合です。今までより早く穴や切断ができ温度もさほど上がりません。

私の家の裏庭ではこのほかに、【写真4】のヤブ蚊防止の香取線香がいります。

それに厚木飛行場のジェット戦闘機の爆音が激しいので「耳せん」が必須です。

裏庭作業は紫外線防止クリームを顔と手に塗り、防護メガネにバルサ材の粉防止のマスクをし帽子をかぶって耳栓をするとまるで泥棒か宇宙服スタイルの異様な姿になります。
でも安全第一です。

Block_image_5_1_3

                         

                          

                          

                         

                          

                          

                                    

                          

                                                  

●リンク集

秋月電子通商

  知る人ぞ知る電子工作のパーツのお店、通販での格安キットもあり店員さんも良心的。また行きたいな。

ここまでで

「風と光と電気で遊ぶ」アーカイブズ・シリーズ

は終わりです。

| | コメント (0)