« ヤブランの花 | トップページ | 三時草の不思議 »

2019年10月 7日 (月)

久しぶりに「天せいろ」をたべました。


土曜日に長男と孫息子、家内と私で蕎麦屋へ行きました。私と家内は「天せろ」を食べ、長男は「鴨ザル蕎麦」、孫息子は「ただのザル蕎麦」と遠慮してました。天ぷらは美味しかったです。満腹になりました。
ところで、「天せいろ」というのかネットでしらべました。

天せいろとは

天ぷらと、せいろ蕎麦(もり蕎麦・ざる蕎麦)がセットになった蕎麦。
つけつゆ(つけ汁)を、天ぷら用の「天つゆ」と蕎麦用の「蕎麦つゆ」と別々にする店が多い。
天ぷら、そばの他、小鉢がつく事もある。 店や地域により、「天もり」「天ざる」と呼ばれたりもするが、
「天せいろ」と「天ざる」を区別し、別メニューとしている店もある。

だそうです。

Dsc_0147

|

« ヤブランの花 | トップページ | 三時草の不思議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤブランの花 | トップページ | 三時草の不思議 »