« 2013年4月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月29日 (土)

一眼レフカメラの練習(2)

(つづき)

元ゴミ置き場の置かれたプランターの中のマーガレット

Dsc_0068


同じくプランターの中のパンジー

Dsc_0069


我が家の裏庭のミニ水仙

Dsc_0071


午後はタクシーで映画「神様のカルテ2」を見に行きました。

Dsc01459

以上


| | コメント (4)

一眼レフカメラの練習(1)

昨日の午前中、一眼レフカメラの練習にとった写真です。

水仙の花

Dsc_0058_1


もみじの芽。このもみじは最初から赤い葉になる珍しいもみじです。

Dsc_0062_1


ボケの蕾

Dsc_0064


雪柳の咲きかけ

Dsc_0065


電線に止まったオナガ(鳥)

Dsc_0066


近所の椿

Dsc_0067


(つづく)

| | コメント (4)

2014年3月26日 (水)

水仙が咲きはじめました。

やっと庭の水仙が咲きはじめました。

Dsc_0037_5


裏庭のゴミ捨てにしていた穴のゴミの中からも小さい水仙が健気に咲いています。

Dsc_0040_s1


これはおまけ。ここまで剪定しても咲いている木瓜です。

Dsc_0042_s1


| | コメント (0)

2014年3月24日 (月)

おらの部屋の窓辺は太陽光発電?

こんばんは。タフです。

私の部屋(書斎兼ガラクタ部屋)の南南東向きの窓辺は、おもちゃの太陽電池と充電電池、それを2~3倍に昇圧して高輝度LEDを点滅させる太陽光発電システムが3回路あります。

Dsc01453

上はななめ上から見たところで、手前で踊っているのは、太陽電池でくねくねダンスをする人形です。

Dsc01454

上は窓の外側から見た写真です。受光部がよくわかりますね。

Dsc01456

上は部屋の中のLED側からとった写真です。

Dsc_0036_1

上の写真は苦労して撮ったLEDを点滅させている写真です。真っ暗な中でフラッシュ禁止で撮影しました。

向かって左の白色LEDは昼間の明るい時も約1秒おきに光ってます。向かって右の赤色LEDは暗い時のみ点滅します。もう一つは外側の障子に向かって暗い時のみ点滅します。

まあ電子工作のおもちゃです。

| | コメント (2)

2014年3月23日 (日)

沈丁花の花と水仙の蕾

こんばんは。

やや盛りを過ぎた沈丁花の花です。

Dsc_0033_1

最期はこれから咲く、水仙の蕾です。

Dsc_0027_2

| | コメント (6)

木瓜の花

今朝、かって同じ職場で働いている人から懐かしいメールを頂きました。その方もカメラを趣味の一つにしておられます。J:COMのSNSである「myぺーじ」にお誘いしたかったのですが、J:COMケーブルTVに加入していることが前提のようなので、写真ものは私のブログにも乗せたいと思います。

まずうちの庭で、現在真っ盛りに咲いているのは「木瓜(ボケ)」です。

Dsc_0028_2

 

| | コメント (5)

2014年3月 8日 (土)

デジタル一眼レフカメラを買いました。

Nikonのデジタル一眼レフカメラを買いました。操作はまだ研究中です。

Dsc01437

| | コメント (2)

2014年3月 1日 (土)

シルバーカー

いままで使ってた通販で買ったシルバーカー(手押し車)は重いうえ、たたむとどこかに立てかけないと、自分では立たないものでした。ですから電車に乗るときは使えませんでした。電車に乗るときは杖で、少し混んだ電車には乗れませんでした。

そこで福祉用具の人に頼んで、軽いアルミ製で、たたむと自立するものを探してもらってました。今日、それが届きました。重量は3.9Kgで片手で持てますし、3㎝位の段差を越えられるオイルダンパーで動く小さな前輪がついています。

これで、今までより行動範囲が広がりますし、タクシーに積んでもらうにも気兼ねしなくて済みます。

夕方、早速、散歩しましたが軽快でした。

写真1が歩行したり、チョコ座りするときの状態。

Dsc01430

写真2が折りたたんだ状態です。

Dsc01429

| | コメント (0)

一年ぶりの記事です。

最期に記事を書いたのが2013年4月26日です。今日は2014年3月1日ですから、約1年ぶりの新規記事です。

お友達が必ずコメントをくださるJ:COMのSNS「myページ」も2014年2月から復活しました。実は1月下旬から持病のそううつ病が「躁転」し夜は少し眠れないものの、気分はいいです。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

Dsc01424

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2014年4月 »