« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

体調がメチャメチャ悪い

昨日は寝不足と疲てるのに昼眠れない症状と、昨夜はよく寝たのに今日の午前中も体調不良で気分がメチャメチャ悪く、胃もむかつき食欲不振でした。

それが、「リーゼ」という一日3回の薬を朝、一週間やめ、その後昼もやめた二日後からなのです。この薬は緊張や不安を和らげ心と体をリラックスさせ食欲不振にも使う薬です。眠気の副作用があります。医師に眠いと言ったら自分で薬の量を調整してやめてみますかと言われた薬です。この薬をやめたせいな?

それとも、昨日と今日の午前中は「梅雨」の中でも最悪の蒸し暑い天気でそのせいかもしれません。たまらないのでエアコンを入れたのですが、こんどは冷えすぎて気持ちが悪いのです。

今日の昼食後、思い切って昼のリーゼを復活しエアコンをオフして1時間ゴロ寝したら少しよくなりました。でも午後は天気も雨で涼しくなったのです。

薬のせいか天気のせいか、とにかく体調不良は嫌なので、こんどの受診日に医師に相談してみようと思っています。それにしても梅雨の蒸し暑さは「うつ病」にはこたえますね。(うつ病生活13)

| | コメント (1)

寿司懐石に行きました。

一昨日の夕方から夫婦で、横浜みなとみらい地区にあるパンパシフィック横浜ホテルの一階、和食料理「植村」へ行って来ました。こんな高級な店、ほとんど行かないのですが、JALのマイルで交換したクーポン券があったので使いました。行く前はホテルなので普段着ではない服装を準備したりして、楽しみでワクワクしました。

寿司懐石コース料理は、どの品も、とても美味しかったです。特にアナゴの味が良かったです。
一階なので、席は外が狭い日本庭園の窓際でした。横浜の夜景が見えなかったのが残念です。

専任の和服の仲居さんがサービスしてくれました。うちの奥さんはリラックスしてましたが、私は慣れてないお店の雰囲気と待機している仲居さんの視線を感じて少し緊張しました。

店の中は静かで、会話は夫婦二人の間だけ。普段の生活の延長でコミュニケーションとしては少々寂しかったです。(うつ病生活12)

| | コメント (0)

2007年6月26日 (火)

カラオケはうつに良い?

昨日、うちの奥さんと久しぶりにカラオケに行ってきました。
60歳以上の割引で2時間も歌ってきました。
おかげでストレスが発散できて気分が良くなりました。

カラオケは「うつ病」に良いのでしょうか?
このところ梅雨と低気圧で天気が良くなく、気が滅入っていましたがスッキリしました。お勧めです。(うつ病生活11)

| | コメント (0)

2007年6月24日 (日)

集団認知行動療法の分析結果

昨日、「うつのための集団認知行動療法」があり、私は、気分が悪かった日の報告をニコニコしながら言ったら「最近ゆとりが出てきた」と言われました。
状況、気分、自動思考、その根拠、反証、適応的思考、気分の変化を分析するワークの結果は以下になりました。

・状況:午前中ごろ寝をした。午後CATVで映画をみた。その直後。
・気分:ゆううつ(60)
・自動思考:ごろ寝とくだらないCATV映画で無駄な時間を過ごした。
・根拠:暇な時間が多い。妻にプライドが高いと言われたことがある(CATV映画をくだらないとした事に関連し)
・反証:定年後、ゴロゴロしている人は沢山いる。CATV映画がくだらないのは、それを提供するCATV局が悪い。
・適応的思考:「「確かに」+根拠+「でも」+反証」として完成し読み上げてみる
・気分の変化:ゆううつ度が60→40に下がる

少しでも気分が良くなる方に変化すれば、行動のバリエーション(範囲)が広がるし、心の「ゆとり」が出る。(上の例ならCATV映画を批評して楽しむゆとり)

まだまだこなれてませんが、確かに、このサイクルを無意識に頭の中で廻せれば、ゆううつな気分は軽減できるような気がしてきました。

あとは、私は「自己規定」「確信度」(自分を決め付ける?)が強い特徴があるそうです。

暇は持て余すのではなく、暇を楽しめば良いのかなぁ・・・・(うつ病生活10)

| | コメント (2)

2007年6月22日 (金)

暇を持て余すのを「うつ」と勘違い?

集団認知行動療法の中で気分が沈んだの時の、状況、自動思考、その根拠を分析する宿題があります。
こんどの宿題の発表で私が挙げようとしている事例は、暇を持て余し、つまらないテレビを見る等で、時間を無駄に過ごし、有益な事をしていない自分に腹が立ち自己嫌悪や罪悪感をおぼえ、気が沈むってことにしたいと思ってます。
でも、これってうつ病症状とは違うのかも知れないと思えてきました。

つまり暇で、時間を持て余し、する事がないから、うつうつとしているのを気が沈むと勘違いしているのかもしれません

でも、読みたい本もないし、趣味やカルチャーは好きなのがないし、スポーツは虚弱でできないし、インターネットも見たいのがないし、散歩も体力維持だけだし、人嫌いだし・・・といくら考えてもナイナイづくしです。

この前のメンタルクリニックの受診で試しに、先生に、暇を持て余す罪悪感を「うつ」と勘違いしているのかも知れませんと話しました。そして、暇なので朝食後に眠くて寝てしまい、昼食後もまた眠くて寝てしまいます、と話しましたら、先生は直接は答えず、眠くなる薬を一種類、減らして見ましょうと言われました。薬が減るのは嬉しかったです。看護師さんも、もう定年後で充分働いてきたのだから暇でいいじゃないですかって言ってくれました。

でも、暇を持て余してやりたい事もなく、部屋の中をウロウロしてるのも辛いのものです。良い解決方法はないかなぁ(うつ病生活9)

| | コメント (2)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »