« 2006年10月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月29日 (火)

絵手紙講座をやめました

今日で、カルチャーの絵手紙講座をやめました。無趣味だから、うつ病に良いかと昨年9月から続けていたのですが、結局続きませんでした。

講師に退会しますと申し出るのに勇気がいりました。うつ病なんです。と言ったら他の出席者にも、そう挨拶させられました。でも堂々と言いました。

今日のテーマは、線を鍛えるとかで櫛(クシ)を描く予定で、希望者だけ赤いバラの花をかく予定だったのです。私は櫛しかもって行かなかったら、講師の希望となりゆきで、バラを、きれいな赤がでる日本画の水干絵の具を使って描くことになってしまいました。バラは隣の人に見せてもらうことになり。結局うまく描けませんでした。こんな事なら花屋で買ってくれば良かった。講師は時々急遽、予定を変更するので少し困ります。

でも描いている間は興奮し楽しかったです。初めて色紙に描いたので緊張して手が痺れました。

講座をやめたのは、絵手紙というのはひじを上げて毛筆をまっすぐ持つので脊椎が悪い私には腕が支えきれず体がキツイのも理由です。また道具やモチーフ(題材)が重くて全部持って通うのがきつく、自宅で自由な姿勢で描きたいこともあります。講座は「小池邦夫」の流派で「書」に近く、古代の中国文字なども出てきて高度でついて行けない部分もあります。

帰宅後、エネルギーを使い果たし昼寝をしてしまいました。(うつ病生活8)

| | コメント (2)

2007年5月27日 (日)

うつ病薬の追加中止と認知療法

(今回から、表題に「うつ病生活#」とつけるのをやめ、文末にします。)

前回、うつ病薬ジェイゾロフトを追加しましたが、まだ1錠の段階で、副作用として胃のむかつき、吐き気、口内炎が激しく、気がヘナヘナになりました。昨日、ドクターに急遽相談したところ、4~5日で収まるがなぁ~と、考えていましたが、まぁ認知療法の結果を見てからと言うことで、服用中止になりました。

昨日は、集団認知行動療法の2回目がありました。
私の場合は、定年になって、今まで言われた仕事を懸命にこなす生活から、自らやることを求められている生活にシフトチェンジの時期だそうです。

毎日、活動記録表をつけるのですが、ネガティブなことは残りがちで、それを気分が悪かった日とするのではなく、何でもなくいつも通りの日は気分が良かった日とするよう幅を広めに考えると良いそうです。また、午前中は気分が悪いとか自分のパターンを見つけ、対応を考えるもとにするそうです。

状況→気分→自動思考の分析では、気分がどの程度悪いのか点数をつけること。1つの気分に1つの自動思考を対応させること。自動思考は、そこから予想されることまでつきつめて考えることが大切だそうです。

私は、憂鬱な気分に対し、何事も楽しめない否定的考え方という自動思考。焦りに対しては、このまま何もせず楽しめず寿命がくることと答えました。

全8回の療法のなかで、良い答えがみつかるかどうかという講師のコメントには少しがっかりしました。この悪く捕らえる癖がいけないのかなぁ~

昨日は希望が出てきたような気がしたのに、今日になったらまた、朝から寝てばかりで、時間ばかりが過ぎて行く気がします。(うつ病生活7)

| | コメント (0)

2007年5月24日 (木)

うつ病生活6(薬)

昨日は、メンタルクリニックの診察がありました。
まだだるくて気が沈むことがあるので何とか改善できないでしょうかと言ったら、先生が薬を増やして見ましょうと追加になってしまいました。

今、飲んでる薬は、
毎食後が
①デパケンR200×1錠
②ミラドール50×1錠
③リーゼ5mg×1錠
就寝前が
④マイスリー10mg×1錠
⑤アモキサン10mg×1錠
でしたが、これに
夕食後
⑥ジェイゾロフト25mg×2錠
が追加になりました。ジェイゾロフトは最初の1週間は1錠づつで、2週目から2錠にして下さいと指示されました。

毎朝食後は以前から内科からでている
⑦血圧降下剤ロンゲス10mg×1錠
を飲んでいるので全部で7種。こんなに薬漬けで肝臓はもつのか心配です。それに間違えないで飲むために薬箱に1週間毎に分類するだけで一苦労です。

今朝は、ジェイゾロフトを飲み始めて最初の朝でしたが、天気は良いのに体がだるくて、朝食後、ごろねでした。ただ便秘が良くなってました。効果は直ぐにはでないらしいのですが。果たして「うつ」は良くなるでしょうか。

| | コメント (0)

2007年5月17日 (木)

うつ病生活5(やりたい事がない)

今日は朝から大雨、5月というのに寒く、朝食後もコタツに入って一眠りしたあと、ぼんやりしてます。

こんな時が一番気が沈みます。「やりたい事がない」つまり意欲がないのです。それでいて時間だけが過ぎて行く、60歳代の私は直ぐに寿命がつきそうで気が焦ります。奥さんは奥さんでしたいことをしており邪魔するわけにもいきません。一人でモンモンと悩みます。
趣味もなく楽しいと思う事もない。テレビ、新聞、映画、読書、カラオケ、絵手紙、どれも興味がわきません。まったく「うつ状態」というのはやっかいです。

一昨日は、認知症の母の薬を貰いに行くのが億劫で、億劫で、奥さんに同行してもらいました。精神的疲れで2時間も昼寝しました。夕方、母との面会で意味不明の会話に合わせる場でも、気が沈みました。

昨日は、天気が良かったので、奥さんとスーパーに買い物に行き、その疲れで昼食後に一寸寝て、庭の椿一本の剪定を2時間、その疲れでまた1時間寝ました。その間、奥さんが残りの椿2本を剪定してくれ嬉しかったです。
夕方、運動が足りないかと散歩を3000歩、これもタダタダ近所を歩くだけの無味乾燥なものです。
そして夕食。夕食後はおもしろくもないテレビをみました。ニュースで最近、若者の過労死が多いそうで、私の次男が昼飯も食べれず夜遅くまで働いていることを思い出し大変心配になりました。
あとは、10時過ぎに入浴して睡眠薬を飲んで寝ました。明け方は、いつもの意味のわからない夢を見ました。

今日の午後は、奥さんはプールの水中歩行のため外出です。一人で留守番です。やりたい事どころか、やる事もない。
とてもつらい一日になりそうだと思いながらこのブログを書いています。

| | コメント (4)

2007年5月14日 (月)

うつ病生活4(認知行動療法)

一昨日、「うつのための集団認知行動療法」を初めて受けてきました。

認知行動療法とは、ある「状況」から、気が沈むなどの「うつ状態」になるのですが、実際は、その状態に至る中間に「自動思考」という主観的な考えを無意識に経ているのだそうです。自動思考の「自動」の意味は、自分でも気がつかないくらい早いスピードで考えてしまうことだそうです。

この自動思考という主観的な考えを、必要以上に悲観的や否定的なものから、通常なものに変えていく訓練を自分でできるようにして、不快な気分を自分でコントロールするのが認知行動療法の目的だそうです。

うつの尺度の測定もしました。40点より高い方がうつの状態が悪いそうです。私は60点でした。

2時間の受講は、課題や書くものも多く、精神的に大変疲れました。それに2週間に一回、受講するのですが、その間、宿題が沢山あります。毎日1時間毎の活動記録をつけたり、落ち込んだときの自己分析にトライすることなどです。結構しんどくて、これでうつ状態になりそうです。

| | コメント (0)

2007年5月11日 (金)

うつ病生活3(夢)

一昨日は診察日でした。先生には連休中は息子や孫がきて気がまぎれましたが、神経も疲れました、あとは相変わらずウツウツとしてます、と報告しました。

昨日は、晴一番で、邪魔な竹の子の根を少し取っただけなのに、午前中眠くて眠くて寝てしまい、夕食後も寝て、午後9時には風呂に入り寝てしまいました。

今日も朝、銀行に行き帳簿をつけただけで眠くなり昼食前に30分程寝てしまいました。動作ものったりのったり、ダルダルでやる気がでません。

眠いと言えば、毎食後の薬の他に、就寝前にも睡眠薬とうつ病の薬を飲んでいるのですが、この薬の副作用なのか、いつも明け方近く「夢」を良く見ます。しかも内容まで覚えているのです。以前は夢は見なかったのに。

この夢の内容は仕事などで何かに間に合わないとかいうトラブル等ですが、夢の「共通点」が昔の職場の「仲間」とか。また仕事ということは自分が役立つ「居場所」を求めていることじゃないかと思っています。

これは、人との係わり合いを嫌って定年後、心を開ける友人がいないこと。人に役立つ仕事は虚弱と疲れでできないことから、潜在的に「仲間」や「居場所」を夢に求めていのではないかなぁと思ってます。

また、私は人生で「逃げ」てばかりいました。それで現実逃避がついに「夢」に逃げ込むことになったのかも知れません。

でもその「夢」を、結構、楽しんだりしてます。

| | コメント (0)

2007年5月 8日 (火)

うつ病生活2(きっかけ)

今朝は、晴れていたので、思い切って1時間程草取りをしました。大きい草だけでしたのできれいになりませんでしたが、久しぶりで汗を流して気持ち良かったです。何か役立つ実感がいいですね。

さて、うつ病になったきっかけは、一昨年暮れに頼りにしていた長兄が亡くなった事。昨年春、私が身元引受人になり老人ホームに入っている認知症の母が大腿部骨折で入院し高齢のため手術できず車椅子になったこと。そして、その直後私が精密検査で心臓が悪い疑いがあると診断され、心臓に管を入れ造影撮影をする検査入院をし、結果は異常なしで助かりました。しかし、そのとき失敗もありうると説明され死ぬかもしれないと恐怖を味わったことが原因ではないかと思っています。

当初は、うつ状態が悪くパニック直前でした。奥さんに頼むから家に一人にしないでくれと頼んだくらいです。奥さんに勧められて、やっとメンタルクリニックに行き薬物治療をしたら、一旦良くなりました。でも今度は躁状態になり、歩くとふらついたりする副作用がでて薬を変えてもらいました。

しばらくは、趣味になるようなこともできましたが、もともと飽きっぽい性格なのですぐに飽きたり、風力発電おもちゃのような目標を達成してしまうとすぐつまらなくなくなります。すると気持ちも沈みこんでうつ状態が悪くなります。

奥さんは趣味も友達も多く、海外旅行も度々行き楽しそうです。
男でかつ障害者の私は定年後、友達を作る意欲もなくて一人で留守番するしかなく、ただボーっとしている時間がたまりません。時間が経つのが早く1週間があっという間に立ちます。これではこの先すぐ死ぬ時がくると思うととても焦ります。

これから、週に1回の、高齢の母の見舞いに行ってきますが、これさえも億劫になってきています。

| | コメント (3)

2007年5月 7日 (月)

うつ病生活1(私はうつ病です)

実は私、昨年の7月頃からうつ病になりました。メンタルクリニックに通い薬物治療をしています。集団認知行動療法も受ける予定です。
もともと無趣味でしたが、最近は、興味を持てることが全く無くなり困っています。昨年秋までは、風力発電のおもちゃ作りとか、テレビドラマを観たり、旅行などをしてました。昨年11月末には大金を使いハワイへ海外旅行にも行きましたが余り楽しくありませんでした。歳のせいか昨年はできた草取りや植木いじりもする元気もありません。今は、1日トータル約5000歩、歩く位で無味乾燥の毎日です。
背骨が弱い身体障害者なので、スポーツはできず外出してもすぐ疲れます。何でも否定的に考えてしまい、60歳代なので年金生活とか健康とか家屋設備の改修とか先行きの不安ばかりが募ります。申し訳ないと思いながら奥さんに愚痴ばかり言ってしまいます。奥さんが趣味や付き合いで外出し、留守番の時は、話し相手もなくなりどうしようもなくなります。このブログも意欲と気力がなくなって投稿を止めてしまいました。やることが全く無くなったので、うつ病を知られることを覚悟でためしに7ヶ月振りの投稿をしてみました。パソコンは眼精疲労で頭痛がします。芸術関係に興味がなく面倒な細かいことが嫌いでプライドだけは高いという制約条件の多い私でも何か楽しく感じる趣味はあるのでしょうか。

| | コメント (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2007年6月 »